ATMで還付金がもらえる⁉ 還付金詐欺の手口と予防策

atm高齢者をターゲットとした詐欺犯罪のなかに、還付金詐欺というものがあります。お金のシステムやATM操作知識の乏しさにつけこんだ悪質な詐欺となっており、注意が必要です。本人が危険性を知ることはもちろん、周囲の人間が知識を深めて対策を提案するといった方法も効果的です。還付金詐欺の特徴を押さえて、有効な対策をしましょう。

 

還付金詐欺とは?

これは、なりすまし詐欺のひとつです。加害者は、公的機関の職員になりすまして、ATMに誘導します。そしてお金が戻ってくると説明しながら、振り込みの操作を指示する悪質な詐欺です。振り込みの主な名目としては、医療費過払い、税金過払い、保険料還付、年金未払い分の還付などが代表的です。

 

還付金詐欺における高齢者との接触方法

還付金詐欺は、基本的に面識のない高齢者を狙って行います。そのため、まずは接触段階において工夫が凝らされます。主には、オレオレ詐欺等と同様の電話を使った方法、そしていかにもといった雰囲気のハガキを郵送する方法があります。それぞれの特徴を、ご紹介します。

電話

電話で詐欺を働くケースについては、言い回しの例を理解しておくと対策しやすいです。主には、「医療費の過払い金があり、還付手続きのため電話した」、「年金が一部未払いとなっているため、受け取る手続きにご協力ください」、また信用度を上げるため「以前、青色の封筒を送ったが、返信がないので電話した」といった文言を添えられる場合もあります。もっともらしい言い回しですし、また事実還付があってもおかしくない展開なので、被害にあう方が多いです。少しでも不審に感じたら、振り込む前に信頼できる人に相談するべきでしょう。

ハガキを郵送

公的機関から送付されるような、もっともらしいハガキで還付の旨が案内されます。ハガキ上ですべての工程を案内するのではなく、やはり電話に誘導して結果的に電話口から振り込ませるといったケースが多いです。深刻なニュアンスで書かれていたら、信じてしまう人も多いでしょう。

 

還付金詐欺の被害件数

特殊詐欺では、手口の多様化、巧妙化に伴い、毎年多くの人が被害にあっています。還付金詐欺もまたオレオレ詐欺、架空請求詐欺に近い多さとなっており、対策が欠かせません。具体的な数としては、警視庁の調査によると平成29年度1~11月において、認知件数が2,954件、被害額は33.7億円に上っていると公表されています。いずれも前年度の同期間データである3,326件、38.8億円を下回る数値ではあるものの、依然として高い値であるに違いありません。危険性や対策の周知により、徐々に安心感は増してきているものの、まだまだ油断はできないといった印象です。

 

還付金詐欺の予防策

具体的な予防策には、どのような方法が挙げられるでしょうか。いくつかの対策があるのでご紹介します。個人では理解の難しい高齢者もいることでしょう。周りの人が、丁寧に教えてあげると良いでしょう。

ATMの振り込み金額を最小限にしておく

ATMの振り込みでは、上限を設定できるケースが少なくありません。基本的に日常生活において、ATMから多額のお金を振り込むという作業はそう多くないでしょう。あらかじめ、少額しか振り込めないよう設定しておくことで、被害の回避に役立てられます。しかし、完全な予防策とはならないため、あくまで予備知識として覚えておいてください。

還付金詐欺の手口を高齢者に事前に解説する

還付金詐欺はとても巧妙ですが、手口は比較的シンプルです。何かと還付金の受け取りを勧めてきますが、最終的にはATM操作指示に至ります。前述の通り、そもそもATMからお金を受け取るといった作業は基本的に不可です。その仕組みについて、事前に解説しておきましょう。

還付金詐欺防止グッズを活用する

ハガキならまだしも、電話による還付金詐欺の場合、防止が難しいです。言葉巧みに誘導されることで、つい信じてしまうという流れに至りやすいためです。良心ある老人が優しい言葉をかけられるともなれば、なおのことでしょう。その点、電話による高齢者詐欺防止に役立つ「あんしんみーちゃん」があれば安心です。電話をとる前に、詐欺への注意喚起を都度してくれるため、自然と注意する気持ちが持てます。警察と強力して作ったものであるため、効果のほどはお墨付きといったところです。取り入れる価値は大いにあるでしょう。

 

還付金詐欺の対処法

還付金詐欺にあってしまったら、泣き寝入りせず行動に移しましょう。具体的には、警察、国民生活センター、取引銀行それぞれへ連絡するのが通常の流れとなります。前例も多い事件なので、速やかに対策を案内してくれます。

 

還付金詐欺は、悪質かつ巧妙であるため毎年多くの被害が生じています。特に高齢者をターゲットとするケースが多いので、油断なりません。上記を参考に、効果的な対策をとってください。

あわせて読みたい