高齢者(おじいちゃん・おばあちゃん)に喜んでもらえるプレゼント15選

長きに渡りお世話になっているおじいちゃんおばあちゃん、また高齢の親などには、定期的に日ごろの感謝を伝えたいものです。ですが、本当に喜んでもらえるものというのは、高齢者でない人の感覚ではなかなか選びにくいです。以下は、高齢者に喜んでもらえるプレゼントの代表例となっています。実生活に役立つものを中心に、15選ピックアップしました。

 

高齢者の親・祖父母に喜んでもらえるプレゼント15選

年齢を重ねると、体にさまざまな衰えが生じ始めます。ですが、そうした状況をケアするためのグッズは、多く展開されています。中でもおすすめのものを、15個ピックアップしました。感謝を伝えたい高齢者に特に喜ばれそうなものを、選んでみてください。

温泉鉱石

これは、ラドンやラジウム元素を含む鉱石のことです。普段のお風呂に入れることで、手軽に温泉気分を味わうことができます。足腰の弱い高齢者でも、これなら温泉地まで足を伸ばすことなく気軽に温泉気分を堪能できます。

座椅子

正座やあぐら、また普通の椅子で座る場合、高齢者は腰などを痛める危険性が考えられます。座椅子があれば、程よい支えが作れるため、そうした負担を和らげられます。リクライニングつきであれば、体の特徴に合わせられるのでなお良いでしょう。

高反発マットレス

マットレスの中でも、反発力が強いタイプになります。近年は低反発のクッションなどが人気ですが、感触が楽しめる一方で体の支えとしては少し物足りなく感じる場合があります。体を気遣う高齢者においては、高反発マットレスの方が好まれやすいです。

膝下枕

枕といえば頭を支えるものですが、これは膝下に置くタイプとなっています。これにより、腰の湾曲を緩めることに繋げられるため、腰痛や下半身の血行障害の緩和に期待が持てます。

小座布団

座布団は座布団でも、やや小さめのタイプになります。大きいものでも同じく座り心地はよいですが、その場合重量が増して持ち運びの際に負担も感じます。小さいタイプなら、高齢者一人でも手軽に扱えるでしょう。

助聴器

聴力をサポートする道具としては補聴器が有名ですが、こちらはまた異なる製品です。助聴器は、補聴器より手軽に使える集音器のような存在といえるでしょう。補聴器は高性能である一方、厚生労働省に認可された医療機器であるため、少し高価です。その点、助聴器なら比較的手に入れやすいです。プレゼントとしても、用意しやすいでしょう。

滑り止め付き靴下

高齢者にとって、体温調整は欠かせない健康管理です。ですが靴下は、足元を温める有効な体温管理である一方、すべりやすく転倒の危険も伴います。滑り止め付きなら、安心して使ってもらえます。

レッグウォーマー

靴下と同じく、足元の温度管理に役立てられる着衣です。足先だけでなく、足元を広範囲にサポートできます。

はんてん

羽織るように着ることができる、高齢者でも使用しやすい防寒着といえるでしょう。前をボタンでなくひもで留められるので、細かい作業が苦手でも安心です。綿入りが一般的なので、防寒の面でも優秀です。

足指パッド

足指の間にはめる、シリコンなどでできたパッド製品です。ダイエット用品として売られていますが、足指に刺激を加えることに繋げられるため、高齢者のボケ防止にも有効となっています。

食事用エプロン

高齢者になると、食べこぼしの心配も出てきます。テーブルや床掃除のほか、汚れてしまった服の洗濯なども面倒になってくるでしょう。食事用エプロンがあれば、そうした状況も防ぎやすくなります。

携帯

気軽に連絡を取り合える、便利なツールです。高齢者には使用が難しく感じられる場合もあるので、高齢者向けのものを選ぶとより喜ばれるでしょう。

会話ができる人形

一人暮らしには、何かと寂しさもつきものです。ですが会話ができる人形ひとつあれば、簡易的ながら話し相手が作れます。見た目にもかわいらしい、明るい気分になれるタイプが理想的でしょう。

振り込め詐欺を防止してくれる人形

話す人形においては、防犯機能つきのものが特におすすめです。中でも「あんしんみーちゃん」は、近年問題視されている振り込め詐欺の防止に役立ちます。電話の横に置くことで、自動音声により注意を促してくれる優れものです。ぜひ、購入を検討してみてください。

健康や安全を気遣うものではありませんが、美しい見た目から気分を晴れやかにするプレゼントとして効果的です。贈り物の代名詞でもあるため、喜びもひとしおでしょう。

 

高齢者の親・祖父母へのプレゼントとして避けたほうがよいもの

上記はおすすめのプレゼントですが、一方で避けた方が良いものもあります。理由と合わせて、覚えておいてください。

植物など手がかかるもの

花と同じ植物でも、手のかかるものはあまり理想的といえません。手間が負担となってしまい、ストレスを感じさせてしまうかもしれないためです。せっかくの贈り物も、それ自体が負担となっては意味がありません。植物を選ぶなら、育てる手間のいらない、手軽な花の方が良いでしょう。

使い方がわからない高度なデジタル機器

近年は便利な製品が多数登場していますが、一方で複雑化しているものも少なくありません。高度なデジタル機器などは、高齢者がもらっても困ってしまうことでしょう。魅力的に感じても、安易に選ばない方が良いかもしれません。

 

高齢者の親・祖父母にプレゼントするタイミング

感謝を伝えたいからといって、何もないタイミングで渡すというのもあまり理想的といえません。むしろ、気を遣わせてしまうことでしょう。以下のようなタイミングで、検討してみてください。

帰郷時

めったに顔を合わせない距離感で暮らしているのなら、帰郷のタイミングを活かすと良いでしょう。久しぶりに会えた嬉しさと合わさり、一層喜んでもらえるのではないでしょうか。

母の日・父の日

親への感謝を表す日として知られるこれら記念日は、プレゼントを渡す口実に適しています。

誕生日

一年に一度の記念日を祝ってもらうことは、いくつになっても喜んでもらえるものです。離れていてもいつも忘れず思っている、そんな気持ちを伝える上でも有効でしょう。

敬老の日

高齢者のための休日である敬老の日もまた、おすすめのタイミングです。それこそ高齢者向けの体を労わるようなプレゼントが、喜ばれやすいかもしれません。

クリスマス

自分たちだけでなく、孫も連れてお祝いに行ってみてはいかがでしょう。一人暮らしでは味わえない、にぎやかなひと時に、大いに心を和ましてくれるのではないでしょうか。

 

 

高齢の親や祖父母と別居の形で暮らしていると、なかなか感謝を伝えることができません。ですが、いくつになってもプレゼントをもらえるというのは嬉しく感じられるものです。上記を参考に、定期的に気持ちのこもったプレゼントを用意してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい