相続とは? 分割とは? 遺言とは? 親の遺産を相続する際の基礎知識


遺産問題には、専門的な手続きが少なくありません。これらを正しく理解しておかなくては、いざというときに困らされてしまいます。相続そのもののほか、分割や協議、遺言書についても詳しい知識が欠かせません。今回はその知識をご紹介します。

 

法定相続分の割合

遺産相続においては協議を開く形が一般的ですが、トラブルが起こりやすいのも実際のところです。その点、法定相続分が理解できていると、スムーズに話を進められます。ケース別に、覚えておきましょう。

配偶者と子が相続人のケース

まずは、配偶者と子が相続人になるケースです。この場合、配偶者に2分の1、そして子どもに2分の1といった具合で、平等に分ける形となります。

配偶者と親が相続人のケース

配偶者、そして親などの直系尊属が相続人になる場合は、平等となりません。配偶者の法定相続分が3分の2、親の法定相続分が3分の1となります。

配偶者と兄弟姉妹が相続人のケース

この場合も、配偶者への比率が大きくなります。配偶者と兄弟姉妹に相続する際には、配偶者に4分の3を、そして兄弟姉妹へは4分の1が分けられます。

相続人に配偶者がいないケース

配偶者がいないケース、主には、相続人が長男・長女、もしくは父母といった場合です。この際は、いずれの対象へも1分の1、つまり丸ごと相続する形となります。

 

遺産分割の方法

遺産を分割する方法にも、いくつかの種類が存在します。状況に応じて選択して、相続人それぞれに不満が生じないようしっかり検討することが大切です。

現物分割

その名の通り、遺産そのものを現物のまま分け与える形となります。余計な手続きを経ることなく、直接分配できるため、手軽な方法に感じられるかもしれません。また、現物への思い入れがある場合についても、有効な手段となるでしょう。

換価分割

遺産を一旦売却して、現金で分配するのがこの換価分割です。おおよそ平等な分配が可能となるため、きれいに分け合いたいという場合に重宝します。ただ、処分や換金の費用、その他譲渡所得税に関しても考えておく必要があります。

代償分割

現物分割を平等でない形で分配したのち、より多く受け取った人が少なく受け取った人に現金で埋め合わせする方法が、この代償分割です。土地や建物といった、分割が難しい遺産の場合重宝します。

共有分割

4つの中でも、少しこの方法は毛色が異なるかもしれません。というのも、基本的には分割しない方法であるためです。具体的には、遺産を共有物として複数の相続人が共同で有し、それぞれが自由に扱えるといった具合です。とはいえ、完全に平等にするのは容易でありません。トラブルも起きやすいので、注意も欠かせません。

 

遺産分割協議の流れ

遺産分割協議は、法定相続でもなお分配が確定しなかったときに協議する方法です。遺産問題は、親族関係におけるトラブルの原因となりやすいです。正式な流れを把握して、滞りなく進められるよう心がけましょう。

遺産分割協議書の作成

まずは、専用の書類を作成します。とはいえ、相続人全員で作成する必要があるため、全員分の署名押印が欠かせません。もし参加していない相続人がいたと発覚した場合、協議のすべてが無効となってしまいます。この点は、徹底しておきましょう。

相続財産の確定

遺産分割協議書には、相続財産の詳細も記載する必要があります。漏れがある場合は、また再度協議が必要になってくるため、抜けのないよう気をつけましょう。また、相続人全員が納得のいく形で決定しなければ、親族間でのトラブルを招くことにもなります。相続財産の確定には、慎重さが欠かせません。

遺産分割について話し合い

遺産分割協議には、複雑な手続きや文言が伴いますが、基本的には話し合いに過ぎません。法律うんぬん抜きにして、お互いがいかに納得できるよう話し合えるかにこだわって進めましょう。それでもまとまらない場合は、裁判所を介する遺産分割調停を利用する形となります。

 

遺言書にもいろいろある

遺産相続や分割について伝える遺言書ですが、これにもいくつかの種類があります。それぞれ特徴やメリットが異なるので、これから書く人、そして受け取る人は知識を得ておきましょう。

自筆証書遺言

その名の通り、自筆により作成する方法です。外部のサービスなどを使わず、個人のみで作成するため、余分な費用の発生を抑えることが可能になります。ですがその分、ミスが生じる可能性も高まるので、気をつけましょう。

公正証書遺言

こちらは個人単独でなく、公証人も関与した上で作成する遺言書になります。上記の方法とは特徴が逆で、ある程度費用が発生する一方、ミスなく作成できるといったものになっています。

秘密証書遺言

こちらも公証人が関与する遺言書になりますが、中身を知られることなく手続きする方法となっています。つまり、内容を機密にしたまま公証人のところへもっていき、存在のみを証明してもらう形です。知られたくないような内容がある場合は、理想的に感じられるでしょう。

 

 

相続問題には、何かと複雑な手続きも伴いがちです。ですが、代表的な部分だけでも押さえておけば、いざその瞬間に慌てることなく落ち着いて対処しやすくなります。親の資産を相続する前に、最低限上記の内容は把握しておくようにしましょう。

あわせて読みたい