オレオレ詐欺(振り込め詐欺)対策! 回避するために必要な心構えと合言葉

高齢者詐欺の中でも特に注意すべきものとして、オレオレ詐欺が挙げられます。事実、認知件数も増加傾向にあり、平成29年度でみると、認知件数は前年に比べて約29%増加の18,201件です。また、女性の高齢者が多く被害にあっていることもこの詐欺の特徴です。高齢者の良心や気質につけこんだ悪質な手口であり、きちんとした心構え、しっかりとした対策をすることが大切です。

 

オレオレ詐欺の手口

「オレオレ」など、名を名乗らず身内などを装う手口で知られるオレオレ詐欺ですが、お金をせびる名目はさまざまです。以下が、代表的な例となっています。これらに該当するような電話は、まず不審感を抱くべきです。

事故の示談金

事故を起こしてしまい、示談金が必要になっているという名目でお金を要求するケースです。示談金がなければ、訴えをも起こされてしまいかねません。子供や孫を名乗る者からこういった電話がくると、心配になってしまうでしょう。

痴漢の示談金

こちらも同じく、示談金を絡めるタイプです。近年は痴漢していないにもかかわらず疑いをかけられてしまうといったケースも増えているので、信憑性が感じられるかもしれません。

女性を妊娠させてしまった

望まない妊娠をさせてしまった場合、堕胎費用が必要となります。相場として、だいたい10~15万円ほどが必要となってくるため、その費用を求められる形となります。

お金を落としてしまった

自己責任のようにも感じられますが、身内がこうした状況に陥っているとなると、つい助けたくなってしまうものです。主には、お金が入ったかばんをどこかに置き忘れたといった名目を使われることが多いようです。

会社のお金を横領してしまった

横領がバレてしまえば、職を失うことに繋がります。横領してしまったので、それがバレないよう埋め合わせに使うお金が欲しい、そういった理由付けで振り込みを要求するタイプです。

 

オレオレ詐欺の犯人は誰を演じる?

オレオレ詐欺は、子や孫を装っておこなう形が一般的です。ですが中には、そうでないパターンも存在します。親族でない人物を名乗っているからといって、油断はなりません。

親族

やはり多いのは、子や孫、兄弟などの親族です。ある程度まとまった金額であっても、親族のピンチとなればつい援助したくなってしまいがちです。そんな良心につけこんだ詐欺師が多くみられます。

事件事故の被害者

親族本人でなく、事件事故の被害者を名乗る人物から連絡がくるケースです。これは上記で紹介した、示談金を請求するタイプでもちいられやすい設定でしょう。親族であれば声で判別することも可能ですが、この場合は見極めが難しいです。

会社の上司・同僚

会社のお金の横領や置き忘れを名目に使う犯人が、演じることの多い設定です。こちらもまた、判別がつきにくいことでしょう。真に迫った演技などをされると、冷静な判断が難しくなってくるので注意が必要です。

警察官・弁護士

警察官や弁護士など、立場ある人物を名乗る犯人もいます。公的機関に属する相手だけに、信憑性は高まってしまいやすいでしょう。話の内容をしっかり聞いて、安易に信用しないよう心がけましょう。

 

オレオレ詐欺対策のための心構え

オレオレ詐欺の対策には、何より心構えが大切です。事例を知っていたり、落ち着いて対応できたりする人なら、冷静に相手を見極められます。

息子の情報を犯人はある程度調べている

「オレオレ」といった誰にでも使えるような文言が特徴的な詐欺とはいえ、犯人は下準備も欠かしません。子供などの親族の情報は、ある程度調べた上で連絡してくるのが一般的です。そのため、同級生や母校などを答えられたからといって、すぐに信用するのもNGです。

自分は騙されないというおごりは捨てる

何かと話題になるオレオレ詐欺ですが、実際被害に遭ったことがない人は、他人事のように捉えているケースが少なくないことでしょう。ですが、いつ危険が自分に降りかかるかは分かりません。驕りは捨てておきましょう。

 

オレオレ詐欺対策のための合言葉

オレオレ詐欺対策として効果的な方法に、合言葉というものがあります。家族にしか分からない電話での言葉を決めて、詐欺被害を未然に食い止めましょう。

結婚記念日などの日付、数字

誕生日は調べられても、結婚記念日などの夫婦や家族にしか分からない記念日は有効な合言葉となります。数字は何通りもの組み合わせがあるので、適当に言われて偶然当たるといった確率も低いでしょう。

好きな食べ物といった趣味趣向

趣味趣向は、個人の好みが反映されます。家族や友達以外の第三者では、なかなか知ることのできない情報でしょう。合言葉に適しています。

旅行や食事会などの思い出

記憶に残る思い出であれば、意識せずとも覚えていられるので合言葉として役立ちます。ただ、あくまで家族での旅行や食事会の思い出にするべきです。身近な人間が詐欺に関与している場合、答えられてしまう可能性があります。

 

 

上記を参考に、電話を使った振り込め詐欺の対策をしましょう。また、振り込め詐欺対策グッズの活用もおすすめです。高齢者向けのグッズは比較的充実しているので、うまく活用すると良いでしょう。

あわせて読みたい