相続の優先順位は? 親の遺産を兄弟で相続するときの注意点


遺産などの相続には優先順位があります。これを覚えておかないといざ相続となったときに親族間でトラブルになってしまうこともありますから注意が必要です。ここでは相続における優先順位や、親の遺産を兄弟で相続するときの注意点などについてご説明しますから、興味がある方はぜひ最後まで目を通してください。

 

法定相続分には割合がある

まずは法定相続人についてご説明しましょう。法定相続人とは遺産相続を行うときに相続人になるべき人のことを指します。また、法定相続人によって法定相続分の割合が異なってきますから覚えておきましょう。どうして法定相続人に順位をつけるようなことをしているのかということですが、こうしておくことで親族がたくさんいる一族の場合でも誰が相続するのかを簡単に決められますし、権利関係を明確にすることができるのです。

 

法定相続人の順位

では、実際法定相続人の順位はどのようになっているのでしょうか。ここではそれぞれの法定相続分についてもご説明します。

相続順位1位:直系卑属(子・孫)

相続においてもっとも優先されるのは直系卑属である子や孫となります。子どもが複数いるというケースだと頭割りで計算することになるでしょう。法定相続人が配偶者と子どもの二人となるときにはそれぞれ半分ずつ相続することになります。

相続順位2位:直系尊属(父母・祖父母)

子供も孫もいないというケースだと親が法定相続人になります。両親が二人とも健在というケースだとそれぞれ1/2ずつの相続となり、一人しかいない場合だとすべてを相続します。配偶者がいる場合だと配偶者に2/3、親が1/3という割合となるでしょう。

相続順位3位:兄弟姉妹

兄弟姉妹が相続順位では第3位となります。複数の兄弟、姉妹がいる場合だと遺産を頭割りすることになりますが、配偶者がいる場合は配偶者に3/4、兄弟姉妹の相続分は1/4となります。

 

遺産分割の方法とは

遺産分割にはいくつかの方法があるので、ここでご説明します。

現物分割

現物分割とは文字通り遺産を現物で分け与える方法と認識して差し支えないでしょう。例えば、土地を長女に、預貯金や証券を次男にといった具合に分けることを現物分割と呼びます。現物分割だと相続分をきっちり分けることが難しいため、トラブルになってしまうことも少なくありません。

換価分割

親が残してくれた土地や建物などの資産を現金に換え、それを分けて相続させる方法です。先ほどお話したように、現物分割だときっちり遺産を分けることが難しくなるため、こうした方法が用いられています。法定相続分をきっちり分割したいときに用いられる方法です。

代償分割

大きな資産を長男が譲り受ける代わりに、次男や二女などに自身の財産を交付する方法です。

共有分割

相続財産を共有し遺産分割としてしまう方法です。相続人間でうまく相続問題が解決できないときにこの方法が用いられる傾向にあります。

 

遺産分割に遺産分割協議書が必要

遺産分割協議書とは遺産分割の協議を行ったときにその内容をまとめた書類となります。どのような内容で合意に至ったかを明確にしておかないと後々トラブルになってしまうことが考えられるため、そうしたトラブルを回避するために作成されるのが遺産分割協議書です。

遺産分割の流れですが、まずは相続人調査を行い、相続人を明確にしたうえで相続財産調査を行います。次に遺産分割協議の話合いを詰めていき、遺産分割協議書も作成します。

 

兄弟(姉妹)の法定相続でトラブルになるケースと解決策

兄弟や姉妹間での法定相続がトラブルになることは多々あります。ここではトラブルになるケースと解決策を見ていきましょう。

親の面倒を見ている兄弟がいる場合

親の面倒を一人の兄弟が見ていたという場合だとトラブルになりやすいです。面倒を見ていたのは自分だから多めに相続したい、と主張するケースが多いからです。法定相続分では兄弟姉妹で頭割りとなるためそれを説明します。

親から経済的援助を受けている兄弟がいる場合

これもトラブルになりやすいです。先ほどもお伝えしたように法定相続分は兄弟、姉妹で頭割りすることになっています。

遺産が不動産しかない場合

これもトラブルになりやすいですが、換価分割という方法を用いて現金に換えたうえで頭割りすればトラブルを解決できるのではないでしょうか。

 

 

遺産相続の際に、親族同士で骨肉の争いになってしまうというケースは多いと言われています。金銭が関わることで人間関係が悪化してしまうということも多いですから、しっかりと注意していきたいですね。

ここでご説明しました遺産相続の順位や注意点などについて、遺産相続を行う際にはぜひ参考にしてみてください。また、どうしても自分たちで解決することができないという場合には、遺産相続問題に強い専門家に相談するという手もあります。まずは一度相談に訪れてみると良いかもしれません。

あわせて読みたい