親の財産管理ってどうすればいいの? 任意代理、成年後見制度って何?


両親が高齢になると何かとお金が必要になることがあります。高齢になった親が一人で金融機関などに出向くのは危険もありますし、血縁者の方が代行するシーンも増えるのではないでしょうか。ただ、親の財産を子供が管理できていないと代行することもできませんし、何かと不便なことも出てきます。ここでは、親の財産管理の方法についてご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

 

親の財産管理の方法1:生前贈与を活用

生前贈与とは簡単に説明すると生前に財産を贈与することを言います。相続税対策として生前贈与が活用されることも少なくありませんが、親の財産管理のために生前贈与を活用するというケースも増えてきました。

では、具体的に生前贈与はどのようにして行えば良いのでしょうか。生前贈与を行うにあたって、特別難しいことはありません。財産を与える人と受け取る人双方に合意があれば贈与が可能です。書面にする必要は特にないのですが、後々のことを考えれば、しっかりと書面にしておくのも良いでしょう。より安全性を求めるのなら公証人役場で確定日付の押印をしてもらいます。

 

親の財産管理の方法2:任意代理制度を利用

任意代理制度を利用すると親の代わりに家族が金融取引を行うことができます。任意代理制度を使わずとも銀行などからお金を引き出すときにその都度委任状を書いてもらうという手もありますが、これだと手間がかかってしまいます。任意代理制度を利用すればそうした手間を省けるため便利です。任意代理の手続きをしておくことで緊急時などに子どもが代わりに銀行からお金をおろしたり、親名義の株式を売却したりするようなこともできます。

もっともポピュラーな口座の任意代理の手続きですが、口座を開いている銀行で届け出の書類を貰います。本人と代理人が住所や氏名などを署名したあと届出印を押印します。金融機関の担当者と本人、代理人で意思の確認を行い、承認されれば代理人による取引ができるようになります。

 

親が認知症になった場合はどうすればいい?

親が認知症になってしまうと、お金に関する判断を誤ってしまったり、意思の疎通が難しくなったりしてしまいます。こうなると当然子供が親の財産管理をしなくてはなりませんが、ここでは二つの方法についてご紹介します。

成年後見制度

成年後見制度とは精神上の障害などによって判断能力が十分でない方が不利益を被らないように裁判所へ申し立てを行い、援助してくれる人を付けてもらうという制度になります。成年後見制度を利用しておけば、悪質な訪問販売員に高価なものを売りつけられるような心配もありません。

成年後見制度には大きく分けて任意後見制度と法定後見制度があります。任意後見制度は判断能力が衰える前から利用することができ、法定後見制度は判断能力が実際に衰えてしまってから利用できます。判断能力の程度によって後見、保佐、補助の三つに分かれています。

家族間信託

家族間信託を利用する方も最近増えてきましたが、そもそも信託とは財産を信頼できる人に受託してもらい、信託目的に従って受益者のために財産の管理や処分を行う制度です。家族間信託とは家族のあいだで財産の管理や移転を目的に行うもので、後見人制度では対応できなかった部分を埋めることができる制度として注目されています。

家族間信託だと柔軟な財産管理が可能となりますし、本人の判断能力がまだ衰えてないときでも利用できます。受託者と受益者が相談して財産管理を事前に取り決めることができるため自由度の高い財産管理が可能になるでしょう。デメリットとしては受託者の指定によって親族間でもめ事が発生する恐れがあることです。

親の財産を管理する前にすべきこと

親の財産を管理することを今から考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、その前に管理すべき財産を守る必要があります。世の中にはさまざまな詐欺が蔓延しており、特に高齢者を狙った詐欺事件は後を絶ちません。オレオレ詐欺に代表される振り込め詐欺は中でも件数が多く、ほかにもお年寄りを狙ったあらゆる詐欺が数多く存在しています。

まずは振り込み詐欺対策など財産をしっかり防衛することを考えなくてはなりません。振り込め詐欺対策に効果的なグッズも数多く販売されていますから、そうしたグッズを活用するのも良いでしょう。また、詐欺の種類について勉強し、それを両親に教えてあげるのも効果的ではないでしょうか。

 

 

親の財産管理をする方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。今後親の財産管理をするときにはぜひここで記述した内容を参考にしてください。また、最後にお話したように世の中にはさまざまな詐欺が蔓延っています。振り込み詐欺などの被害に遭ってしまうと財産管理どころの話ではありませんから、何も対策をしていないという方はまずそこから始めることをおすすめします。詐欺の被害に遭わないようくれぐれも気を付けてください。

あわせて読みたい