あなたの親の遺産はいくら? 年齢別平均遺産額まとめ


遺産の平均額ってどれくらいなのだろう、と些細な疑問を抱いた方もおられるでしょう。また、自分の親がどれくらいの遺産を遺してくれるのかが気になっているという方も多く、何とかして遺産額を推測したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。ここではそんな、親の遺産を推測する方法や年代別の遺産平均額などについて記述します。

 

親の遺産を推測する方法

親が自分たちにどれくらいの遺産を遺してくれるのかというのは気になるところです。だからといって直接親に尋ねるのは抵抗があるでしょうし、何とか自分で調べる方法はないのかと頭を悩ませている方もいらっしゃると思います。ここでは親の遺産を推測する方法についていくつかご紹介しましょう。

固定資産税から不動産の財産を推測

土地や建物といった資産を所有している場合には固定資産税を納税しなくてはなりません。固定資産税の額は所有している不動産によって変わってきますから、固定資産税額から不動産の財産価値をある程度推測することは可能でしょう。

総務省統計局の調査結果から貯金を推測する

総務省統計局は日本全体のあらゆる統計をとっている部署です。そのため、統計局が調べた預貯金額を調べることで、自分の親がどれくらいの預貯金を持っているのかを推測することはできるでしょう。もちろん、あくまで統計による数字ですから、大きく外れてしまうこともあります。参考にする材料として利用するのがおすすめです。

全国銀行協会、CIC、JICCで借金を推測する

遺産相続するということは借金も相続するということです。いくら預貯金がたくさんあったとしても借金が多いとなると意味がありませんし、親の借金を推測しておくのは大切なことと言えるでしょう。親の借金を推測するには全国銀行協会やCIC、JICCといった信用情報機関を利用します。信用情報機関に情報開示を申し込みすればどれくらいの借金があるか分かります。

ただ、基本的に信用情報機関に情報開示を申請するには本人でないといけません。そのため、親にこっそり内緒で調べるということは難しいでしょう。

 

年代別、親の遺産の平均金額

年代別の親の遺産の平均金額についてご案内します。

60代

2015年のデータとなりますが60代の場合だと預貯金が374万円となっており、金融資産保有額の平均値は773万円となっています。

70代

同じく2015年のデータによると70代の方は預貯金が643万円となり、金融資産保有額の平均値は1209万円となっています。やはり60代に比べると金融資産は多いと言えるでしょう。

 

遺産の金額によって相続税が異なる

相続税は遺産の額によって変わってきます。金額によっては相続税の納税が必要ないケースもありますから覚えておきましょう。基本的に遺産の額が3600万円以下の場合だと申告の必要もありません。ただ、これはあくまで法定相続人が一人のケースです。二人になると基礎控除額が4200万円、三人だと4800万円というようになります。

 

相続税を抑える方法

遺産の額が多いとなると相続税の問題も出てきますが、なんとか相続税を抑える方法はないのでしょうか。ここでは代表的な方法をいくつかまとめてみました。

まとめられる保険はまとめる

いくつもの保険に加入している、というケースもあるかもしれませんが、できるだけまとめられる保険はまとめておいたほうが相続税対策になります。まとめることができないという保険もありますが、可能な保険に加入しているのであればまとめておくことをおすすめします。

相続税の課税対象を理解する

相続税の課税対象は細かく決められていますから、時間があるときにでも国税庁のホームページで確認しておきましょう。あらかじめ理解しておけば、相続税について頭を悩ませることも少なくなります。

固定資産税の優遇措置を理解する

固定資産税の税率を下げることができる優遇措置があることをご存知でしょうか。バリアフリー改修や耐震建て替えなどで固定資産税の減額措置を受けることができますし、覚えておくと相続税の対策になるでしょう。

不動産の評価方法を理解する

不動産の評価方法についてはあらかじめ正しく理解しておきましょう。土地の評価額は、地目や地積、路線価などによって決まってきます。

生命保険金の非課税枠を活用

現金で相続する分が多い場合には生命保険を活用して非課税にすることも可能です。生命保険で受け取れる金額と法定相続人の数をかけたものが非課税となります。

生前にお墓を買う

まだ生きているうちからお墓を購入するような方を不思議に思っているかもしれませんが、実は生前にお墓を購入しておくことは相続税対策にもなります。生前墓を建てることで、相続控除の対象となりますし相続税の節税対策としても有効です。

 

 

親の遺産を推測する方法や平均的な金額などについてまとめました。相続ではいろいろと面倒なこともありますが、ここでご紹介した内容をぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい