振り込ませない振り込め詐欺(オレオレ詐欺)とは?


振り込み詐欺、または振り込め詐欺の手口は時代によって変わりつつあり、さまざまな種類の振り込め詐欺があるとも言われています。その一方で、振り込ませないタイプの振り込め詐欺が増えていることをご存じでしょうか?ここでは振り込まないタイプの詐欺についてご紹介します。悪質な手口に騙されないようにするためにも、参考にしてみてください。

 

振り込ませない振り込め詐欺とは?

振り込ませない振り込め詐欺と聞いて、ピンとこないという人も多いのではないでしょうか。振り込まないのであれば振り込め詐欺にはならないわけですし、いったいどういうことなのだろうと感じた方もおられるでしょう。この振り込ませない振り込め詐欺ですが、これは犯人が直接自宅などに現金、またはキャッシュカードなどを受け取りに来るタイプの詐欺のことです。

オレオレ詐欺に代表される振り込め詐欺の被害が拡大したことでさまざまな対策ができました。しかし、それに対抗する新たな詐欺の方法として、自宅に現金やカードなどを直接取りにくる詐欺が増えたのです。具体的な手口の例としては、警察関係者を装った人物から「あなたの口座が悪用されているためキャッシュカードを受け取りに行きます。そして、そちらに行った職員に暗証番号も教えてください」などと電話がかかってきます。これはあくまで一例で、ほかにもさまざまな手口やケースがあると言われているのです。

 

振り込ませない振り込め詐欺が生まれた背景

大金を振り込むためには銀行に行かなくてはなりませんし、銀行で大金を振り込もうとすると、最近では銀行職員が振り込め詐欺を疑って声掛けを行うようになりました。振り込め詐欺の被害が増えたことによって、特にお年寄りが大金を振り込もうとするときには再度確認するように促されたりもします。

これは、お金をだまし取ろうと考える犯人にとって好ましいことではありません。そして、誰にも犯行を止めらないように策を考えた結果、このような振り込ませないタイプの振り込め詐欺が横行するようになってしまったのです。実際、振り込ませない振り込め詐欺の被害に遭った方も多く、テレビのニュースなどでも頻繁に被害が報道されています。

 

振り込ませない振り込め詐欺を防止する方法

振り込ませないタイプの詐欺を防止する方法についてご紹介します。詐欺の手口に騙されないためにも、しっかりと読んでおいてください。

現金書留以外の方法で現金は送れないことを理解する

日本では現金書留以外の方法で現金を送る方法はありません。レターパックや封筒などにお金を入れて送ってほしいなどという手口は明らかに詐欺です。

騙されないという思い込みは捨てる

振り込め詐欺はもちろん、振り込まないタイプの詐欺に遭った方のほとんどが「まさか自分が」と思っています。ほとんどの詐欺事件は、まさか自分が騙されるはずはないと思っている方が騙されているのです。誰もが自分だけは騙されるはずがないと思っていますが、まずはその思い込みを捨てるようにしてください。誰もが騙される危険性がありますし、詐欺の手口もどんどん進化しています。自分だけは騙されないと思っているといつか痛い目に遭ってしまうかもしれません。

知らない番号の電話は出ずに、留守番電話を活用

知らない相手から電話がかかってきた場合は、そのまま出るのではなく、留守番電話で相手を確認することをおすすめします。あからさまに怪しい場合はかけなおす必要はありませんし、家族の誰かに確認してもらうのも良いでしょう。

会話は録音

会話を録音しておくことで後から警察に証拠として提出することができます。また、会話を録音していることを相手に伝えれば、たいていの詐欺師なら諦めるでしょう。

受信した電話番号を調べる

かかってきた電話番号をネットで調べてみましょう。詐欺を繰り返しているような犯人の場合だとその情報がネットに公開されていることも少なくありません。

キャッシュカードは家族にしか渡さない

キャッシュカードを渡して、しかも暗証番号まで教えてしまうとあっさり現金を奪われてしまいます。そのため、キャッシュカードは家族以外には絶対に渡さないように気を付けてください。

振り込め詐欺対策グッズを活用

振り込め詐欺を回避するためのさまざまな対策グッズもあります。例えば、あんしんみーちゃんという警察と共同で開発された詐欺対策グッズは、受話器を取る前にその都度「振り込め詐欺かもしれない」と音声で注意喚起してくれます。こうしたグッズを傍に置いておくと、振り込め詐欺を回避できる確率はぐっと高まるでしょう。見た目も可愛い人形ですから高齢のご両親にプレゼントするのにピッタリです。

 

 

振り込め詐欺で大切なお金を奪われてしまうのは、とても悲しくやるせないです。先述したように詐欺の手口もどんどん進化しています。振り込ませないタイプの詐欺の対策にはさまざまなものがありますから、ぜひ参考にしてみてください。この記事を読んだ方の中で、未だに自分だけは、と思っている方もおられるかもしれません。しかし、まずはその先入観から改善するようにしましょう。

あわせて読みたい