あれ、さっきの電話怪しいぞ! オレオレ詐欺の電話番号かどうか調べる方法


オレオレ詐欺の被害に遭わないよう日頃から警戒しているという方もおられると思いますが、かかってきた電話がオレオレ詐欺なのかどうかを判断するのは難しいと言えます。あまり疑心暗鬼になってしまっても相手に失礼になってしまうかもしれませんし、そういったことばかり考えてしまって、判断に迷ってしまう状況も多々あるでしょう。ここでは、かかってきた電話がオレオレ詐欺なのかどうかを調べる方法についてご紹介します。

オレオレ詐欺の電話番号か調べる方法

かかってきた電話がオレオレ詐欺なのかどうか判断できれば対処のしようもあるのですが、はっきりしないとなるとどうしようもありません。ここでは具体的に調べる方法についてご説明しましょう。

各都道府県警察本部の相談窓口を活用

怪しい番号から電話がかかってきて、もしかするとオレオレ詐欺かもしれない、という場合に相談できるのが各都道府県警察本部の相談窓口です。そのエリアを管轄する警察本部の番号が記載されていますから、そちらに電話をかけることで相談ができます。

〇相談窓口一覧:https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/soudan.html

電話帳ナビを活用する

電話帳ナビはインターネットで利用できるサイトで、オレオレ詐欺に使用されている電話番号なのかどうかもここで調べることができます。オレオレ詐欺で検索すれば登録されている番号が表示されますからそれと照らし合わせてみましょう。

〇電話ナビ:https://www.telnavi.jp/search?q=%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%AC%E8%A9%90%E6%AC%BA

マカフィーセーフコールを使用する

マカフィーセーフコールとは振り込め詐欺に対抗するスマホアプリです。ウイルス対策ソフトなどを販売している会社がリリースしたアプリで、かかってきた悪質な電話を撃退することが可能となっています。振り込め詐欺に使用された番号などは着信音を鳴らすことなく自然に受信拒否してくれますから安心です。

 

オレオレ詐欺の電話番号かどうか調べる際の注意点

オレオレ詐欺の電話かどうかを調べる方法については上述しましたが、その際には一つ注意点があります。それは、ナンバーディスプレイ機能付きの電話が必要ということです。携帯電話やスマホだと相手からの着信番号が画面に表示されますが、自宅の電話だとナンバーディスプレイに対応していないことも考えられます。振り込め詐欺対策を行うのであれば、まずはナンバーディスプレイ機能に対応した電話機を用意しなくてはなりません。

 

オレオレ詐欺を根本的に防止する方法

ここではオレオレ詐欺を根本的に防止する方法についていくつかご紹介します。オレオレ詐欺はいつ自分が被害者になってしまうか分かりませんから、ここでご紹介する内容をぜひ頭に入れておいてください。

騙されるかもしれないという危機意識を持つ

これがもっとも重要なことですが、自分も詐欺の被害に遭ってしまうかもしれないという危機意識を常に持っておくことが大切です。これまでオレオレ詐欺や振り込め詐欺などの被害に遭った方の多くは「まさか自分が」という考えを持っていたと考えられますし、実際日本人は危機意識が低いと言われています。

先ほども言ったようにいつ誰がオレオレ詐欺の被害に遭うか分かりませんし、いつ犯人からターゲットにされるかも分かりません。いつ騙されるか分からない、という意識を日ごろから持っておくことがオレオレ詐欺の被害に遭わないための基本です。誰でも疑うべきとまでは言いませんが、知らない電話がかかってきたときや違和感のある電話の内容だったときにはなるべく疑うようにしておいたほうが結果的に身を守ることができるでしょう。

家族とコミュニケーションを密にとる

家族と疎遠になっているとオレオレ詐欺の被害に遭う可能性が高くなります。犯人は身内に化けて連絡してきますが、家族と密にコミュニケーションをとっていれば相手の嘘を見抜けるでしょう。

犯人に録音していることを伝えるメッセージ付き留守番電話を活用

電話の内容を録音している旨をメッセージで伝えてくれる留守電もあります。犯罪者はこうした対策に弱いですからオレオレ詐欺対策になります。

振り込め詐欺対策グッズを活用

さまざまな振込め詐欺対策のグッズがあるため、それらを活用するのもおすすめです。特に、警察と共同開発されている「あんしんみーちゃん」は電話がかかってきたときに振り込め詐欺かもしれないと注意喚起してくれるアイテムです。見た目も可愛い人形ですから高齢のご両親にプレゼントするのにピッタリです。

 

 

オレオレ詐欺の電話かもしれない、と思ったらまずはその電話番号を調べてみることをおすすめします。まだナンバーディスプレイ機能付きの電話じゃないという方は電話機も換えることが大切です。また、先ほどご紹介したような振り込め詐欺に対抗できるグッズを使うのも効果的ですから、いろいろな振り込め詐欺対策グッズにも目を通してみましょう。騙されるかもしれないという危機意識を持ちつつ、対策グッズを上手に活用すればオレオレ詐欺などにひっかかることもなくなるのではないでしょうか。

あわせて読みたい