高齢者もよく利用する「ネットショッピング」にまつわる詐欺の手口と対策

ネットショッピング
インターネット利用率は年々高まっていますし、現在では誰もが日常的にネットショッピングも利用するようになりました。注文から決済までオンラインで可能ですし、一度使うとその便利さにハマってしまうネットショッピングですが、このネットショッピングを使った詐欺の手口があることをご存じでしょうか。ここでは、ネットショッピング詐欺の特徴や対策などについてご説明します。

 

ネットショッピング詐欺とは?

日常的にインターネットを利用する現代だからこそ起きる詐欺、それがネットショッピング詐欺です。詐欺の手口ですが、ネットショップで商品を購入したものの商品が届かず、その後お店に連絡をしても連絡が取れずに結局お金だけをとられてしまうというシンプルな詐欺です。

また、商品が届かないからと電話をしたら向こうからかけなおしてきて、なんだかんだと理由をつけてお金を振り込むよう要求してくるようなケースもあります。現在ではネットショッピング詐欺も手口が細分化していますから、ほかにもさまざまな手口が存在しています。

 

ネットショッピング詐欺サイトの特徴

ここではネットショッピング詐欺サイトの特徴についてご紹介します。今後該当するようなサイトで買い物をするときには十分気を付けてください。

 

商品が相場よりも安すぎる

詐欺師は最初から商品を売るつもりはありませんし、消費者の興味を引くことだけを考えています。そのため、明らかに相場よりも商品が安いという特徴があります。

商品の広告の文言、デザインが過剰

これもネットショッピング詐欺サイトに多い特徴ですから覚えておきましょう。やたらと購入を迫る文言を多用していたり、ウェブデザインが派手すぎたりするサイトは危険です。今なら半額、これが最後のサービスなど、過激な言葉を多用して消費者の興味を引いています。

支払い方法が極端に限られている

多くのネットショップでは多彩な支払い方法を採用しており、クレジット決済や振り込み、コンビニ払いなどにも対応しています。しかし、ショッピング詐欺サイトの場合だと支払い方法の選択肢がかなり限られていることがほとんどです。詐欺サイトの場合だとクレジット決済が導入できませんし、振り込みのみというケースもあります。振込先が個人名義の場合もかなり怪しいと考えて良いでしょう。

URL欄に鍵マークがない

ネットショップのほとんどは暗号化技術を導入していますし、SSL化によってセキュリティを高めています。まっとうな商売をしているネットショップならたいていSSL化しているはずですが、詐欺サイトの場合だとこのようなこともしていません。最初から詐欺を働く目的で運用しているサイトですし、セキュリティなどに気を使う必要がないからです。

連絡先がフリーアドレス

連絡先のメールアドレスも確認してみましょう。まっとうな商売をしているネットショップなら有料のアドレスを使っているはずですが、詐欺サイトだとフリーアドレスである可能性が高いです。フリーアドレスは無料で利用できるため詐欺を働くためのサイトを運用するときにはもってこいなのでしょう。まともなネットショップでフリーアドレスを導入していることなどまずありえません。

会社名や所在地・電話番号・代表者名が記載されていない

会社の情報が何一つ記載されていないのは危険です。ネットショップを運営するときには特定商取引法に基づいた表記が必要となりますし、これがないのは明らかに怪しいサイトと言えるでしょう。

ネット(口コミ)での評判が悪い

インターネット上の口コミで評判が悪いサイトはやはり危険です。敢えて危険なサイトで買い物することもないでしょう。

電話をしたらオペレーターが外国人

外国人オペレーターがダメというわけではありませんが、普通に考えてわざわざ外国人に電話対応をさせるとは考えにくいです。再びかけてしまうと個人情報を取られてしまう恐れもありますが、電話の横などにあんしんみーちゃんなどの防犯グッズを置いておくと、かけなおし防止にもなります。

あんしんみーちゃんは電話機の横に設置しておくだけで、電話が鳴ると「振り込め詐欺かもしれない」と、振り込め詐欺に対する注意喚起をしてくれます。この注意喚起により、高齢者は振り込みを促されたときに「もしかすると詐欺なのかも」と思いなおすことができます。見た目も可愛い人形ですから高齢のご両親にプレゼントするのにピッタリです。

 

ネットショッピング詐欺にあったら

ネットショッピング詐欺にあったら以下の通り対処しましょう。

 

警察に被害届

まずは警察に詐欺の被害にあったことを伝えて被害届を出すようにしましょう。

銀行に相談

銀行から振り込んだ場合、またはキャッシュカードの情報を伝えてしまった場合などは銀行に相談することです。

会員情報を削除

詐欺サイトにもし会員登録してしまったのなら会員登録は削除しておきましょう。そのままにしておくと面倒なことになるかもしれません。

 

 

ネットショッピング詐欺は未だに多いですし、被害に遭ってしまう方も少なくありません。少額な買い物ならまだ諦めもつくかもしれませんが、比較的高額な被害に遭ってしまったとなると悔やんでも悔やみきれないでしょう。ここではネットショッピング詐欺サイトの特徴についてもお知らせしました。今後ネットショッピングをするときには注意してショッピングするようにしましょう。

あわせて読みたい