電話、メール、ハガキ、あらゆる手段で行われる架空請求詐欺の手口と対策


架空請求という言葉をご存知の方は多いでしょうが、架空請求による被害は未だに少なくありません。事実、平成29年度における架空請求の認知件数は5,754件となっていますし、これは前年よりも2000件以上増えていることになります。ここでは、架空請求詐欺についての概要や防止する方法などについてご説明しますから、今後架空請求の詐欺被害などに遭わないよう気を付けてください。

 

架空請求詐欺とは?

架空請求とは文字通り架空の請求でお金を要求することを指します。さまざまな手口がありますが、もっとも多いのはやはりアダルトサイトや出会い系サイトの利用料金を謳った架空請求ではないでしょうか。このような手口はインターネットが普及し始めアダルトサイト、出会い系サイトなどが一気に増えた頃から次第に増えてきました。

メールや電話で未納料金を支払ってほしいと連絡があり、振り込まないと裁判になるなどと脅し文句を交えてくることが特徴の一つです。言われた本人はもしかすると本当に自分がそのサイトを利用したのかもしれない、という気になって支払ってしまったり、今なら間に合うと言われ慌てて支払ってしまったりするようなケースもあります。

 

架空請求詐欺の事例

ここではいくつか実際にあった架空請求詐欺の実例を見てみましょう。

 

大手検索サイトから動画サイトの利用料が未納とメールがくる

動画サイトの利用料金が未納になっているため支払ってほしいとメールで連絡がきた例です。大手検索サイトの名を騙っていますからつい信じ込んでしまうケースが多いです。

省庁から訴訟の最終通告と書かれているはがきが届く

メールではなくハガキで架空請求されるケースもあります。省庁を騙って訴訟の最終通告であると連絡がきます。

大手通販サイトから料金未納とメール

誰もが知っているような大手通販サイトの名を騙るパターンです。料金がまだ振り込まれていないと連絡があり、慌てて支払ってしまうこともあります。

デジタルコンテンツ事業者から未納料金とメール

電子書籍などデジタルコンテンツの利用料金が未納であるとメールが届きます。

出会い系サイトから登録料を請求するメール

出会い系サイトの登録料を請求するメールも多いです。登録に必要な料金を振り込むよう指示されます。

 

架空請求詐欺を防止する方法

架空請求詐欺を防止する方法をご案内します。

 

騙されないという思い込みを捨てる

架空請求詐欺など自分は遭うはずがない、という方に限ってあっさり騙されてしまうことが多いです。誰もがまさか自分が、と思っていますが、いつ自分も騙されるか分からないという意識を持つようにしましょう。

家族とコミュニケーションを密にとる

架空請求詐欺で素直に支払ってしまう方の多くは家族とコミュニケーションが密にとれていないケースが多いです。家族と普段からコミュニケーションがとれていれば相談もできますし、詐欺かもしれないというアドバイスが貰えるかもしれません。

ATM利用限度額を引き下げる

ほとんどの銀行ATMは利用限度額を変更できます。1日に最高いくらまでしか振り込みできない、と設定することもできますから、こうすることで被害を抑えることができるでしょう。

少しでも怪しいと思ったら110番、もしくは♯9110番

請求に覚えがない場合、少しでも違和感があったときには警察に連絡して相談してみましょう。また、♯9110は警察の生活の安全に関する不安や悩みを相談できる専用ダイヤルですから、こちらに相談するのもおすすめです。

 

架空請求じゃないケース

架空請求詐欺ではないケースをご紹介します。

 

ワンクリックウェアに感染

ワンクリックウェアは不当な請求を行うプログラムです。利用者が気づかないうちにサイトのサービスをダウンロードすることもあり、利用者の覚えのない請求が届いたりします。

裁判所からの書類

裁判所からの書類ももしかすると架空請求なのでは、と思ってしまう方もおられるでしょうが、本当に裁判所から書類が送られてきている可能性もあります。特に裁判員裁判が始まった現在ではこうしたこともありますから注意しましょう。

 

もしも架空請求詐欺にあってしまったら

架空請求の詐欺に遭ってしまったら警察や金融機関、弁護士、国民生活センターなどに相談してください。詐欺を働くような輩は警察に捜査してもらう必要がありますし、金融機関や弁護士とも今後のことについて話し合う必要があります。被害に遭ってしまったと泣き寝入りするのではなく、気をしっかり持って対策しましょう。

 

 

架空請求詐欺の被害は未だに増え続けていますし、それは冒頭の数字を見ても理解できたと思います。先述したようにいつ誰が架空請求詐欺の被害に遭ってしまうか分かりませんし、明日は我が身である可能性は十分あります。ここでご紹介した内容を覚えておけば架空請求詐欺から身を守ることも十分可能なので、怪しい請求があったときにはここに記述していることを思い出してください。くれぐれも慌ててお金を振り込んだりしないようにしましょう。

あわせて読みたい