高齢者も危ない! インターネットウイルス感染詐欺の手口と対策

現代ならではの詐欺といえるのが、インターネット上でおこなわれる手口のものです。中でもスマートフォンを狙ったウイルス感染詐欺については、ついひと昔前までは存在しなかったものでしょう。ですが、今や誰もがスマホを持つ時代といっても過言ではありません。そんな中、巧みな手法で騙されてしまう高齢者が増えてきているのが現状です。その特徴や対処法を知って、身近な高齢者への被害を未然に防ぎましょう。

 

ウイルス感染詐欺の概要

インターネット上でのトラブルといえば、ウイルス感染が有名でしょう。感染してしまうと、金銭を要求される、個人情報を漏洩させられるなど、さまざまなリスクが懸念されます。中でも危険視されているのが、サポートセンターへのアクセスを促すタイプのウイルス感染詐欺。スマホ上のみならず、担当者との会話も介して手口にはめられる形であるため、高齢者はつい信用してしまいがちです。では、実際電話するとどのようにな対応をされるのでしょうか。

 

電話が繋がってからの手口はいたってシンプル。ウイルスを除去するためにはお金がかかるなどと騙り、金銭の振込みを要求されます。スマホには、あまり知られていない内容も多く入っていることでしょう。そうした情報を守るべく、多少高額でもつい支払ってしまう、そんなケースも少なくないのです。またその他、アプリダウンロード画面に切り替わり、セキュリティアプリをダウンロードさせられる、警告画面上で直接入金を要求されるといったものもあるようです。

本当にウイルス感染しているかを調べる方法

ウイルス感染の警告は、突如画面に現れます。場合によっては、驚かされるような警告音が鳴ることもあるようです。ですが、基本的に詐欺の場合この感染というのは嘘である場合がほとんどです。まずは、本当にウイルス感染しているのか確認することが大切ですので、その方法を以下でお伝えいたします。

 

iPhone/iPadの場合

ウイルス感染といえば、専用の対策アプリが効果的です。ですがiPhone/iPadの場合は、少し困らされてしまいます。iPhone/iPadのOSであるiOS用のセキュリティアプリというものが、そもそも存在していないためです。なぜなら、AppleではOSシステムの構造をセキュリティソフト開発企業に公開していません。

 

そのためiPhone/iPadのウイルス確認方法としては、インストール済みアプリの確認が有効となります。悪質アプリがトラブル源になっている場合が多いので、ここで見覚えのないアプリがないかどうか探してみましょう。怪しいものはアンインストールして、状況の改善を図ってください。

 

Androidの場合

Androidについては、多様なセキュリティソフトが使用可能です。ウイルス状態をスキャンすることで、高度な確認が可能となります。このときの注意点は、スキャン前にデバイスをセーフモードにしておくことです。ウイルスの中には、セキュリティソフトまで妨害してしまうものがあるため、このモードにしてからのスキャンがより確実となります。覚えておいてください。

 

ウイルス感染詐欺対策

高齢者がウイルス感染詐欺の対策をするのは、決して簡単ではないでしょう。そのため本人はもちろん、ご家族も一緒に対策法を知っておくことが大切です。主には、以下の方法が効果的となります。

 

ウイルス感染などの警告表示は疑う

警告表示を悪用した詐欺は少なくありません。そのため、警告がポップアップされたらまずは本物かどうか疑うことが大切。上記の方法のほか、ネット検索でほかに事例がないか調べるという方法も有効でしょう。とにかく、警告を鵜呑みにしてはいけません。

 

アプリを強制終了させる

アプリを使用中であれば、強制終了の操作をおこなってください。アプリ自体がウイルス源となっている場合も多いためです。強制終了して表示が出ないようになれば、スマホ自体が感染している可能性は下がります。そのため、強制終了の操作方法はあらかじめ把握しておくべきでしょう。

 

提供元不明のアプリのインストールを許可するを無効に設定(Androidのみ)

アプリには、提供元が明示されたものと、そうでないものがあります。後者はいわゆる、提供元不明アプリというもの。Androidには、「提供元不明のアプリのインストールを許可する」という設定が搭載されているので、これを無効にしておいてください。この操作をすることで、怪しいアプリをそもそもダウンロードできない状態にしておけるので安全です。

 

怪しいアプリは開かない

近頃のアプリはさまざまな種類のものが存在します。ですが、有名で人気があるものはごく一部であり、そのほかはわりかし怪しいものも少なくありません。名前が知られていない、説明があいまい、評価が悪い、そういったものは利用しないようにしましょう。詐欺のためだけに作られている、質の低いものかもしれません。

 

怪しいサイトにアクセスしない

パソコンウイルス同様、スマホでもインターネット閲覧における注意は欠かせません。サイトを通じて、ウイルス感染が起こる場合もあるためです。膨大な情報を自由に調べられる点が魅力のインターネットですが、ウイルス感染詐欺を未然に防ぐなら、怪しいサイトは避けるようにしましょう。

 

セキュリティアプリをインストールする

前述の通り、特に有効なウイルス対策はセキュリティアプリに他なりません。Androidがメインとなりますが、まずダウンロードしておいて損はないでしょう。無料のもの、有料のものとあるので、不安度合いに合わせて選択してください。効果のほどを考えるなら、おすすめはやはり有名な有料アプリです。

 

 

スマホが普及し生活が便利になったとはいえ、高齢者からすれば少し複雑で難しい印象かもしれません。そんな中、悪意を持った詐欺師が巧みに詐欺を働くともなれば、対応はより難しくなります。ですが、事例や対策についてしっかり知っておけば、被害を未然に食い止めることができます。上記を活かして、安全なスマホ利用をおこないましょう。

あわせて読みたい