振込詐欺の被害にあった高齢者が自分を責める心理とケアの方法


振り込め詐欺に遭ってしまうと、被害を受けた高齢者は多大な精神的負担を背負うことでしょう。金銭的な面から、自尊心、不安感、また何らかの病気症状に悩まされることも考えられます。そうした状況を軽減するには、やはり周囲の家族のサポートが欠かせません。どういったフォローが有効なのか、押さえておきましょう。

 

振り込め詐欺救済法を活用する

近年増加する振り込め詐欺被害に伴い、振り込め詐欺救済法なる法律が制定されました。これは平成20年6月1日に施行されたものとなっており、条件を満たす場合に関し、被害金額を取り戻すことができる法律です。具体的には、犯罪に使われた口座の中に被害金額が滞留している場合に限り、所定の手続きを踏むことで支払い手続きができるというものです。

 

利用法としては、まず警察や金融機関に申し出ます。次に、預金保険機構のインターネットページにて対象口座を確認します。ここで公告された口座が振り込め詐欺救済法の対象となるため、自分や高齢者が払い込まされた口座の有無を確認しましょう。そして、犯罪に使われた振込先口座の金融機関に出向いて、手続きをおこないます。このとき、申請書と本人確認書類、振込み事実を確認できる資料が必要になるので、用意しておいてください。

 

知っておくべきポイントとしては、まず手続きに90日以上かかるという点です。犯罪利用口座について、残高に対する口座名義人の権利を失わせる手続き、そして権利が失われた犯罪利用口座について、被害者に対する被害金支払の手続きをおこなうにあたり、それぞれ前者60日以上、後者30日以上要するためです。

 

また対象となるのは、犯罪利用口座に滞留している金額のみが対象となるので注意してください。それ以上の被害があっても、すでに引き出されている場合は取り戻せません。また複数の被害者がその口座に振り込まされている際には、被害者人数の振り込み金額に応じ按分されます。かならず全額返ってくるわけでもないので、気をつけてください。

 

積極的にコミュニケーションをとる

気丈に振舞っていたとしても、心の中では大きな負担を感じていることも考えられます。金銭的、精神的打撃により、ストレスはかなりのものでしょう。相手が気負わない、かつ自然なコミュニケーション方法を心がけましょう。たとえば、ただストレートに心配するのではなく、「ほかにも被害に遭っている被害者はたくさんいる」と自分だけが気負う必要はないことを暗に伝えることが大切。また事件にはあえて触れず、孫も一緒に楽しく食事を囲む、ちょっとした旅行をプレゼントするといった気遣いも効果的ではないでしょうか。

 

またかける言葉は、「詐欺被害にあったのはお母さん(お父さん)のせいじゃない」「誰もが詐欺被害にあう可能性があるし、悪いのは犯人であってお母さん(お父さん)ではない」「私たちはお母さん(お父さん)が無事で一緒に暮らせることが幸せ」「ずっと一緒にこれからも暮らそうね」などがベストでしょう。高齢者の「自身を恥ずかしいと思う気持ち」や、「失われそうな自尊心」を優しくいたわってあげてください。とにかく、普段以上の気遣いで、心の傷をいたわることができるよう工夫することが大切です。

 

 

高齢者同士のコミュニティに参加してもらう

普段一人での生活を好む高齢者にも、ぜひ振り込み詐欺被害に遭った際には、コミュニティへの参加を勧めてみてください。口ではショックを受けていないと言っていても、心の奥ではきっと傷ついていることでしょう。さりげなくコミュニティを勧めて、楽しめる時間を提供してあげてください。

 

例としては、たとえば振り込め詐欺専用の防犯講座があります。防犯意識の向上はもちろん、同じく被害に遭った人や犯罪を危惧する高齢者と触れ合う場となるため、寂しさや不安感をやわらげられるかもしれません。また、振り込め詐欺に限らず、高齢者のコミュニティイベントは全国で多数開催されています。コミュニティカフェやほっとサロン、ふれあいサロンといった場所が広くみられるので、そうしたものを活かしてみても良いでしょう。

 

病院に行く

振り込め詐欺被害後の精神状態が、ちょっとした落ち込みや一時的なショック程度だと油断するのは危険。なんと、大病に繋がる可能性も懸念されるのです。それこそ、重度の認知症を発症させる原因ともなりかねません。大げさに思われるかもしれませんが、大事をとって病院の受診を勧めてみるのも大切なケアのひとつです。

 

基本的には、精神科を訪れる形となります。心のケアのプロに罹ることができるため、家族が独自におこなうフォロー以上に有効でしょう。また、特に高齢者ケアに特化した病院ならなお良し。専用ダイヤルが用意されているところも多いので、振り込め詐欺被害や以後の症状などを詳しく説明して、専門的な観点から対応してもらいましょう。

 

 

振り込め詐欺による被害は、金銭的な部分ばかりでもありません。被害に遭った高齢者の心もまた、大きな負担を被ります。振り込め詐欺救済法を説明して、一緒にお金を取り返せるようサポートしたり、また親身な気遣いをしたり…。気持ちを立ち直してもらうため、上記の情報を活かして、効果的なケアをおこなってください。

あわせて読みたい